Blog&column
ブログ・コラム

相続税対策として効果的な方法

query_builder 2024/07/01
コラム
43
相続税は相続人が財産を受け取ったときに発生し、財産によっては高額になるケースもあります。
少しでも負担を減らすためには、相続税対策をするのがおすすめです。
そこで今回は、相続税対策として効果的な方法をご紹介します。
▼相続税対策の方法とは
■生前贈与をする
生前贈与とは、亡くなる前に相続人に財産を贈ることで、相続税の節税効果が期待できる方法です。
一定の非課税枠があるため、その範囲内で贈与を行うと良いでしょう。
■生命保険の非課税枠を利用する
生命保険は、死亡時に受け取る保険金が非課税となる場合もあります。
非課税枠を利用して相続人が保険金を受け取ることで、相続税の負担軽減につながる効果的な方法です。
■養子縁組で法定相続人の数を増やす
法定相続人の数が多いほど1人あたりの相続分が少なくなり、相続税の納税額も減ります。
養子縁組によって親子関係を作ることで、法定相続人の数を増やすことが可能です。
■不動産を購入する
不動産は、相続税の評価額が市場価格よりも低くなる場合があります。
これを利用して不動産を購入すると、相続財産の価値を下げられるでしょう。
■不動産の評価額を下げる
不動産の相続税を計算する際には、評価額が納付金額を決める基準となっています。
不動産の評価額は、土地や建物の種類や面積などによって決まり、評価額を下げることで対策できると言えるでしょう。
▼まとめ
相続税対策として、生前贈与・生命保険の非課税枠・養子縁組・不動産の購入・不動産の評価額を下げるなどの方法があります。
その他にもさまざまな方法があるため、自分に合った対策を行いましょう。
当事務所では、相続や贈与に関するサポートを行っておりますので、相続税対策をお考えの方はぜひご相談ください。

NEW

  • 電子帳簿保存は小林優一税理士事務所へ

    query_builder 2023/07/20
  • 相続登記で委任状が必要なケース

    query_builder 2024/07/15
  • 相続税対策として効果的な方法

    query_builder 2024/07/01
  • 相続税と贈与税の違い

    query_builder 2024/06/15
  • 相続税の申告期限の延長が認められるケース

    query_builder 2024/06/01

CATEGORY

ARCHIVE